スマートハウス

未来の子供達のためにも地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出は、抑えなくてはいけません。 そして温暖化防止の対策として自然エネルギーの活用は、非常に重要な取り組みです。

太陽光や熱、風力、潮力、地熱など、自然現象から得られる自然エネルギーは、地球環境にダメージを与える事も無く、 二酸化炭素や窒素、流酸化物などを排出する石油や石炭などの化石燃料と比べても環境汚染を起こさないクリーンなエネルギー資源として多種多様な利用方法があり、環境に優しく、化石燃料の消費も減らせるエネルギーです。

地球温暖化対策の取り組みとして、世界的に住宅や各種施設での太陽光発電パネルを使用した発電をはじめ、太陽熱エネルギーをお湯にする装置や、地中熱を利用して冷暖房や給湯に役立てる事例が急増しています。

様々な自然エネルギーを積極的に取り入れ複合的に使うことで、自然環境に優しく経費を大幅に下げる。そんな賢い設備を備えている住宅・工場・施設は、スマートハウス(賢い建物)と定義され始めています。 地球温暖化や東北大震災により、クリーンなエネルギーへの意識と構造転換が求められている今こそ、スマートハウス化に取り組まなくては、未来の子供達に、より良い生活環境を受け継ぐことができなくなるのです。

自然エネルギーを取り入れたいと思っても設備導入には経費がかかります。例えば太陽光発電を取り入れたいと思っても機材と施工費はかなりの金額が掛かります。コストを抑えつつエネルギー変換率の高いものはないのだろうか…。 スマートハウス化を進める際、チャンスメーカーでは、真空管式太陽熱温水器の導入をご提案しています。 電気と同様、お湯を作るためには、大きなエネルギーが必要とされています。 無尽蔵でクリーンな太陽エネルギーを利用する太陽熱温水器は、二酸化炭素、騒音、振動、公害物質の発生も無く、太陽光発電に比べて導入価格は大幅に抑えることができます。また、太陽光を電気ではなく、熱変換するために効率よく給湯が可能となります。 一般家庭やプール、福祉施設、温浴施設、病院、工場など、お湯が必要とされる様々シーンで活用されています。

太陽熱温水器へのお問い合わせ
太陽熱温水器設置までの流れ

ユーザーの声

Yさん:サナース利用

お風呂のお湯がただで使用できる!?我が家では毎月の給湯代は悩みの種でした。これまではボイラーで沸かしていたお風呂のお湯が太陽の光で沸かす事ができる、しかも地球環境に良いとくればとても魅力的な物。
導入して実際に使ってみるとお湯も心地よくお風呂を沸かすたびに、給湯代を気にしていたのですが太陽光を使って温めた湯ですから無料なので心おきなく使いまくっています。 太陽のお風呂いいもんですよ。

Oさん:サナース利用

我が家は築5年のオール電化の住まいです。給湯は電気温水器。光熱費はこれまでも割安に生活できていたと感じており、あまり不満もありませんでしたが、昨今の地球温暖化などの環境問題、震災後の節電対策やエネルギーに関する意識もあり、いろいろ調べたところCO2排出量「0(ゼロ)」電気もガスも灯油も使わずお湯が沸くという太陽熱温水器のシステムに魅力を感じ注目をしました。我が家では自然落下型・真空管方式の太陽熱温水器『サナース』導入。直置きにしてポンプで浴室に送り込んでいます。モニターでお湯の温度もわかるため天気がいいと嬉しくなる毎日。気温が低くても湯温が上昇するのは真空管方式ならでは。その為、毎月の電気代が期待以上に安くなり、シャワー使用時の節水意識も働くのか上下水道代も予期せぬ節約になりました。また、これまでは電気温水器のシャワーの圧力が弱いのが少々不満でしたがポンプで送り込むことで、それが改善され快適なお風呂ライフを楽しんでいます。

Oさん:サントップ利用

我が家では、20年ほど前にお風呂を新しくして以来、灯油を燃料にボイラーでお湯を沸かしいてます。3世帯家族に加え、子供達はスポーツ、大人は仕事の関係でお風呂を毎日使います。そのため年間の灯油費用は悩みの種。さらに近年の 灯油代金値上がりでお財布はダブルパンチでした。これではいけないと思って、検討した結果、真空管方式の太陽光温水器サントップに出会い、その低価格とシンプルで高性能な製品に魅力を感じて我が家に導入することにしました。 導入した夏から秋にかけては、2ヶ月に1回、400リッターの灯油タンクを満タンにしていたのが、今年は3ヶ月で補給。1ヶ月分もお得になってビックリ。太陽の恵みを毎日実感しています。地球環境を考えて太陽光発電パネルも検討し ましたが、我が家は太陽光温水器から始めて大満足です。

富山県設置箇所