トップページへ戻る 地球温暖化、エネルギー、生物多様性などの環境問題は、誰もが感じるくらい日々深刻化し重要度が増しています。今までの大量消費社会がもたらした問題を改善するために、世界規模で循環型社会へ大きく進む方向が変わり始めました。このような中において、商社・自動車産業・家電メーカーなどをはじめとする大企業では、環境型のビジネスを確立するために、グローバルな情報収集やネットワークづくりをすすめ、学び、資本を投じて研究・対策や商品開発を急速におこなっています。太陽光利用やハイブリットカーなどは、まさしくこれからの環境ビジネスの象徴とも言えるものだと思います。

 

しかし大手企業とは違い、多くの地元企業については、急速に変化すると思われる循環型社会に対応するための商品やビジネス開発に何から手を付けていけば良いのかを手探りで模索しているのが現状ではないでしょうか。私たちは、この大転換の時代において、さらに環境意識を高め、世界的に発展をみせる環境ビジネスへの対応と行動の必要性が急務と感じております。

 

そこで今回、日本を代表する環境ジャーナリスト・枝廣淳子氏をお招きして開催する講演会においては、今、世界で何が起こり、今後、企業や人はどのように変化・対応していくべきか。その為の対策を企業と人は、どうしていくべきなのかをお話しいただき、地球規模の環境問題下における、意識改革やビジネスチャンス獲得に対する一助になればと考えております。

 

枝廣淳子 氏

講師プロフィール

枝廣淳子 氏

  • ●環境ジャーナリスト、翻訳家
  • ●(有)イーズ代表
  • ●(有)チェンジ・エージェント会長
  • ●NGO法人ジャパン・フォー・サステナビリティ共同代表

東京大学大学院教育心理学専攻修士課程修了。2年間の米国生活をきっかけに29歳から英語の勉強を始め、同時通訳者となる。


ノーベル平和賞受賞者の米国、アル・ゴア元副大統領の著書「不都合な真実」の翻訳を手掛けるなど、現在は環境ジャーナリスト・翻訳者として幅広く活躍中。


2003年、(有)イーズを設立。「自分を変えられる人は、社会も変えられる」をモットーに、自分自身を変え、さらに組織、地域や社会を変えていく「変化の担い手」を育てるため、各種講演、セミナーを開催中。


福田・麻生内閣では「地球温暖化問題に関する懇談会」メンバーを務める。主な著書に『朝2時起きで、なんでもできる!』『地球とわたしをゆるめる暮らし』訳書に『不都合な真実』『私たちの選択』ほか多数。

各種委員

中央環境審議会地球部会 中長期ロードマップ小委員会委員(現職)


委員履歴
  • 福田・麻生内閣「地球温暖化問題に関する懇談会」委員 ・ 「環境モデル都市・低炭素社会づくり分科会」委員

  • 「東海道物流新幹線構想委員会」委員 ・「21世紀環境立国戦略特別部会」委員

協賛
協賛各社ご紹介

主催/

有限会社チャンスメーカー  協力/ 有限会社イーズ

後援/

富山県、北日本新聞社、富山新聞社、読売新聞北陸支社、北日本放送、富山テレビ放送、チューリップテレビ
ケーブルテレビ富山、FMとやま、富山シティエフエム、シー・エー・ピー、とやまの木で家をつくる会
森のゆめ市民大学

環境ジャーナリスト 枝廣淳子氏講演会

本公演は終了いたしました。
ご協賛、受講頂きました皆様には、心より感謝申し上げます。

 

講演会報告

webでの受け付けは終了いたしました。

お問い合わせは下記までご連絡ください。
有限会社チャンスメーカー富山事務所
TEL 076-492-8623


ページの先頭へ